他の施術効果の向上・浄化効果

◆次に掲載するケースは米国音叉療法チューニングフォークセラピー®日本事務局に実際に報告された症例です。

(注意:あくまでも個人差があります。また医療行為ではありません。症例の無断転用はご遠慮下さい)

 

マイナスの波動を受けなくなった レイキなどのエネルギーワークを中心にセッションしてきましたが、どうしても相手のマイナスの波動(一般的に邪気と呼ばれるものでしょうか)を受けやすく、疲れが溜まったりしていたのですが、音叉を併用するようになり、非常に楽になりました。
ヒーリング施術に取り入れた ヒーリングの施術に音叉を取り入れています。相乗効果で深い癒しが得られることを実感します。
催眠療法に取り入れた 催眠療法に音叉療法を併用してみたところ、非常にクライアントを催眠に誘導しやすいので驚きました。最強の組み合わせかもしれません。今後、音叉療法を上手く取り入れて行きたいです。
トータルな施術効果がアップ アロマセラピストです。最初、音叉の金属的な冷たい感覚がどうかなと思ったのですが、最後に音叉セラピーを加えることで筋肉の深い部分にアプローチ出来るんですね。トータルな施術効果が確実にアップして嬉しいです。
浄化効果 施術前、施術後のセッションルームの浄化に使用しています。今まではセージを焚いたりしていましたが、音叉はとても簡単に空間が浄化できるので、助かります。火を使えない場所でもOKなのも良いです。
自分が癒される 音叉セラピーでは、クライアントとともに(それ以上かも)自分が癒されるので幸せな気持ちになれます。何だか不思議とニヤニヤしてしまう。施術が楽しくて、クライアントさんと共にこの幸せをご一緒できることがすごく嬉しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *