メンタル・心因性の症状改善例

◆次に掲載するケースは米国音叉療法チューニングフォークセラピー®日本事務局に実際に報告された症例です。

(注意:あくまでも個人差があります。また医療行為ではありません。症例の無断転用はご遠慮下さい)

悩む性格 くよくよ悩む性格だが、気持ちが軽くなり、明るく前向きになった。
イライラする 苛立ちと怒りの感情が消えて、穏やかに対応出来る様になった。
家族の悩み 家族のことで悩んでいたが、そのままを受け入れられるようになった。
トラウマ 自分の中でトラウマだったものが、いつの間にか、消えていた。
家族の死 家族の死を受け入れられるようになった(同様に、ペットの死も受け入れられるようになったとの報告あり)
憎しみ いつも憎しみの感情を持ち、自分ではどうしようも出来なかったのが、問診で本当の原因が分かり心が穏やかになった。音叉後は持病の偏頭痛と首のコリが消失し驚いた。
不眠症 体の疲れが取れず毎朝起きるのが苦痛だったが、その原因となる思考パターンが解明し、音叉後は良質な睡眠を取れるようになり、体のだるさが無くなった。
不登校 不登校で引きこもっていたのが、施術後、元気に笑顔で登校できるようになった。
他人との比較 いつも人と比べ自分を卑下していたが、ありのままを受け入れられるようになった

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *